大学・高専・高校(PC管理効率化)利用事例

 > 導入事例

NetSupport School ユーザー様の声

大学・高専・高校(PC管理効率化)利用事例

ネットワークブートPCシステム「OSV」とNetSupport Schoolを活用しパソコン運用管理の負荷を軽減

教育や研修、トレーニングのための授業支援ソフトウェア「NetSupport School」は、オンライン授業・演習・研修を支援する豊富な機能が揃っています。NetSupport School単体で教育機関の皆様にご利用いただくケースが多いですが、中には別のソフトウェアを組み合わせて課題を解決している事例もあります。

授業や演習、研修の運営だけではなく、そのバックグランドである「パソコン運用管理」の効率化を実現する方法についてご紹介します。

大学・高専・高校のパソコン管理の課題は「効率化」

数百台のパソコンを管理している大学・高専・高校にとって、パソコン運用管理の効率化は重要な課題の一つです。

文部科学省が実施したアンケート調査(※)では、高等学校段階(都道府県)におけるGIGAスクール構想に関連する1番目の課題として「端末整備(36/47団体、76.6%)」が挙げられ、その他の課題として「端末の管理・運用(22/47団体、46.8%)」が多くなっていると発表されています。


その背景には、厳しくなる教育予算の中でコスト削減が叫ばれる中、パソコン運用管理業務を教員が兼任せざるを得ないという現状があります。そのような状況と相反するように学校における働き方改革が叫ばれているため、教育現場では本業以外の業務の効率をいかに向上させていくのかが大きな課題になっています。

※出典:GIGAスクール構想に関する各種調査の結果(令和3年8月)

パソコン運用管理を効率化させる具体的な方法

パソコンの管理運用は、各種設定や定期的なセキュリティパッチの適用、アプリケーションのバージョンアップなどが日常的に発生し、また数百あるパソコン全てに同じ作業を行わなければならず、この作業時間が運用管理の負荷の要因です。


ハードウェアやソフトウェア、接続環境といったインフラを含めた「IT資産は年々増加」しているため、運用管理負荷は高まる一途です。

そこで、パソコン運用管理の負荷を軽減させ効率化を図るための手段に、ネットワークブート型のPC管理ソリューション『ネットワークブートPCシステム「OSV」』の活用があります。

ネットワークブートPCシステム「OSV」とは

不特定多数がパソコンを使用する教育機関と相性が良いシステムが「ネットワークブート」で、これはネットワークを介して、サーバーからパソコンのOSなどの情報を取得して起動するシステムです。

そのネットワークブートの環境を手軽に構築できるソリューションが『ネットワークブーストPCシステム「OSV」』で、パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社(以下、パナソニックIS)様が提供されています。


「OSV」は国内では500システム以上の導入・稼働端末数10万台を超える実績があり、以下のような特長が特に教育現場でのパソコン運用管理負荷の軽減に寄与しています。

  • WAN環境でも利用でき、高速起動や統合運営を実現
  • リードキャッシュ機能で2度目以降の高速起動
  • 起動時間を短縮するスタティックブート方式を採用

ネットワークブートPCシステム「OSV」

<図1:ネットブートPCシステム「OSV」構成イメージ>
ある共通のOSイメージを作成し、サーバー上に各PCのOSイメージを展開することで、
PC管理を一元化できます。1台毎の作業はなくなり、運用管理の負荷が大幅に削減できます。

>>ネットブートPCシステム「OSV」の詳細はこちら(パナソニックIS様のWebサイト)

ネットワークブートとNetSupport Schoolを活用

ネットブートPCシステム「OSV」を利用している大学・高専・高校のPC教室や実習室などで、授業支援ソフトウェアのNetSupport Schoolが活用されています。教室ごとの設定をOSイメージで共通化し展開することで、教室内のパソコンは同じ環境となり、担当する教員の負荷を軽減することができます


また、NetSupport Schoolは指導に集中できる授業環境づくりをサポートします。

  • 全生徒の端末画面のモニタリング
  • 生徒の出席確認
  • 先生画面の一斉配信
  • 教材の一斉配布・一斉回収
  • テストやアンケートによる理解度の確認
  • 任意の生徒画面の配信
  • 先生と生徒が共有できるホワイトボード
  • 生徒端末のキーボード・マウスのロック&画面ロック

授業支援ソフトウェア「NetSupport School」は、パソコン40台の教室の場合、5年間でも30万円以下のコストで利用ができます。機能だけではなく、価格の安さもお客様よりご好評をいただいている理由です。(オンライン授業の費用試算【5年間で30万円以下】

「NetSupport School」は、一度の購入で永続利用の可能な買い切り型のライセンス体系です。
製品版と同じ機能が30日間無料で使用できる体験版もご用意しました。ぜひお気軽にお試しください。