リリースノート(NSM・NSS)

 > リリースノート

リリースノート(NetSupport Manager)

NetSupport Manager 14.10.0001 2024年1月4日(木)リリース

NetSupport Managerバージョン14.10.0001のこのリリースには新しいライセンス キーは必要なく、既存のNetSupport Manager 14ライセンスで動作します。

新着情報
最新バージョンのNetSupport Schoolコンポーネントを含むように、NetSupport Managerを更新しました。

修正事項
・以前に設定したツリーの幅が記憶されるように、レジストリの編集に修正を適用しました。
・古いバージョンのゲートウェイを参照するとコントロールがクラッシュする問題を修正しました。
・選択された宛先がデスクトップである場合のファイル配布の問題を修正しました。
・School Componentsでホワイトボードを表示するときに発生するクライアントのクラッシュを修正しました。
・クライアントに接続するときに発生する可能性のあるコントロールのクラッシュを修正しました。
・スキャン中のマシンが再起動された場合にコントロールが閉じられる問題を解決しました。
・125% DPI 使用時のコントロールのクラッシュを解決しました。
・ゲートウェイがUIから非表示になり、クイック検索が実行されたときのコントロールのロックアップが解決されました。
・外部ウイルス対策製品が地理位置情報サービスへの呼び出しから返されたデータを破損することによるコントロールのクラッシュを修正しました。
・コマンドラインHTTP接続を使用して接続するときに、同様の名前のゲートウェイクライアントが誤って識別される問題を修正しました。

NetSupport Manager 14.02.0000 2023年8月16日(水)リリース

NetSupport Manager バージョン 14.00.0002 のこのリリースには新しいライセンス キーは必要なく、既存の NetSupport Manager 14 ライセンスで動作します。

新着情報
NSM-1314 – ビューの実行中にクライアントの画面をブランクにする機能が追加されました。クライアント側は空白になりますが、コントロールは引き続き画面を表示できます。
NSM-1347 – 最新の NetSupport School コンポーネントがこの Manager リリースに含まれています。
NSM-1353 – すぐに使用できるセキュリティを向上させるために、新規インストールの場合のみユーザー確認がデフォルトで有効になりました。

修正事項
NSM-1350 – ファイル転送の開始時にコントロールが切断される可能性がある問題を修正しました。
NSM-1356 – 異なるユーザー名を使用する非ターミナル サーバーやサーバー オペレーティング システムへの独立した同時 RDP および NSM 表示接続を確立したり、接続している唯一のユーザーである場合に現在の RDP 管理者セッションを表示したりする機能を提供します。

NetSupport Manager 14.00.0002 2023年2月8日(水)リリース

NetSupport Manager バージョン 14.00.0002 のこのリリースは、新しいライセンス キーを必要とせず、既存の NetSupport Manager 14 ライセンスで動作します。

修正事項
NSM-1203 – グループ ポリシー テンプレートが修正され、AD および NT クライアントの検証のエントリを個別に許可するようになりました。
NSM-1204 – 通知クライアントの部門名が非常に長い場合に、ゲートウェイが通知サーバーとして使用されると、ゲートウェイのクラッシュが防止されます。
NSM-1205 – クライアントを表示しようとすると、表示ウィンドウが空白になる可能性があるデッドロックを修正しました。
NSM-1206 – 潜在的なゲートウェイ HTTP トランスポート ロックアップを修正しました。
NSM-1315 – preact ライセンスを使用したサイレント インストールが完了しなかった問題を修正しました。
NSM-1320 – Windows 11 で発生する可能性がある空白のサムネイルの問題を解決しました。

NetSupport Manager Control for Mac 14.01.0002 2023年1月24日(火)リリース

修正事項
NSMCM-124 – URL 接続方法を使用して同じクライアントに連続して接続すると、クライアントが応答しない問題を解決しました。

NetSupport Manager Mac クライアント 14.01.0000 2023年1月23日(月)リリース

修正事項
NSMMCL-273 – マウス ポインターがコントロールからデュアル モニター クライアントに常に整列しない問題を解決しました。
NSMMCL-279 – Windows コントロールのビュー ウィンドウからアプリケーションを起動できない問題を修正しました。

NetSupport Manager Control for Mac 14.01.0001 2022年12月16日(金)リリース

修正事項
NSMCM-115 – クライアントで設定された非アクティブ タイマーが macOS コントロールによって尊重されない問題を解決しました。

NetSupport Manager Mac クライアント 14.00.0000 2022年11月11日(金)リリース

macOS 用の NetSupport Manager クライアントのフル リリース バージョン
新着情報
特徴
• TCP または HTTP 経由で接続します (ゲートウェイ接続)
• デスクトップ ビューとリモート コントロール
• チャット
• メッセージ
• アプリケーションを起動する
• ユーザーの承認
• セキュリティキー
• 暗号化
• ユーザーの検証
• 静音モード
• ウォッチを無効にします
• 共有を無効にします
• 言語を変更
• MDM の導入

NetSupport Manager Control for Mac 14.01.0000 2022年11月10日(木)リリース

このバージョンの macOS NetSupport Manager コントロールは、既存のバージョン 14 のライセンス キーで動作します。
新着情報
NSMCM-44 – URL メソッドを介して接続するときに、ゲートウェイの資格情報が以前の接続からクリアされない問題を解決しました。
NSMCM-111 – URL で開始された接続後にクライアントが切断された場合のコントロールのロックアップを修正します。

修正事項
NSMCM-44 – URL メソッドを介して接続するときに、ゲートウェイの資格情報が以前の接続からクリアされない問題を解決しました。
NSMCM-111 – URL で開始された接続後にクライアントが切断された場合のコントロールのロックアップを修正します。

NetSupport Manager 14.00.0001 2022年11月2日(水)リリース

修正事項
NSM-867 – 最大化されたコントロール ウィンドウが [スタート] メニューを非表示にする可能性がある問題を修正します。
NSM-1081 – コントロール画面の DPI が変更されると、ファイル転送ツリーのアイコンが正しく表示されない問題を修正します。
NSM-1084 – コントロール アイコン モード表示でのアイコンの自動配置の問題を修正します。
NSM-1093 – クライアントのドロップダウンが表示されている間、クライアントのツールチップが表示されなくなります。
NSM-1095 – Windows 以外のクライアントの更新クライアント オプションを削除しました。
NSM-1097 – クライアントを「最近の」リストから削除できなかった問題を修正します。
NSM-1099 – macOS 名の一部の UI 表示を修正。
NSM-1100 – 一部のオペレーティング システムでコントロール ダイアログ アイコンの表示に影響する UI の問題を修正。
NSM-1102 – マネージャー コントロールのインベントリ表示に macOS オペレーティング システム名が表示されるようにします。
NSM-1103 – ズームが終了したときに macOS クライアントのズームされたサムネイルが再描画されない問題を修正します。
NSM-1107 – 場合によっては、マルチモニター クライアントの制御が正しく全画面表示されない問題を修正しました。
NSM-1127 – 間違った制御パスワードが入力された場合に発生したクラッシュを修正しました。
NSM-1129 – ログオフしていないのにログオフしたことを示す Chrome クライアントの表示を修正します。
NSM-1132 – 選択したクライアントを右クリックして宛先アドレスを選択すると、Tech Console で GPF ファイル配布が修正されます。
NSM-1133 – 9 台以上のクライアントをリモート コントロールしようとすると、コントロールが応答しなくなる問題を修正します。
NSM-1134 – ファイル転送でファイルを選択するときに、ファイル フィルター文字列が正しく機能しない問題を修正しました。
NSM-1136 – ズーム サムネイル オプションの有効化/無効化を妨げていたチューターの問題を解決しました。
NSM-1138 – ホットフィックス情報がインベントリに返されなかった問題を修正します。
NSM-1139 – クライアントの切断後に転送を再開する際の、ゲートウェイを介したファイル転送の信頼性が向上します。
NSM-1141 – マルチモニター コントロール インストールの周囲でコントロール ウィンドウを移動するときのコントロールの外観を改善します。
NSM-1148 – コントロール設定で自動グループまたはクライアント リストを非表示にするときのコントロール エラーを修正します。
NSM-1157 – ファイル転送のクライアント側ファイル リストに「クイック編集」オプションを追加します。
NSM-1160 – クラスター内のゲートウェイ間通信が常に暗号化されていることを確認します。
NSM-1188 – クリップ ボードにテキストが含まれていないときにリモート PowerShell セッションに貼り付けようとすると発生する問題を修正します。
NSM-1192 – ファイル拡張子のないファイルを含む最近のリストを選択すると、ファイル転送でクラッシュする問題を修正しました。
NSM-1193 – Windows 11 クライアントへのリモート PowerShell の貼り付けと「複数貼り付け」のバグを修正します。
NSM-1195 – リモート コントロールへの URL アクセスの結果として ADDOPERATOR コマンドを使用すると、ゲートウェイ クラッシュが修正されます。

NetSupport Manager 14.00.0000 2022年9月12日(月)リリース

このバージョンの NetSupport Manager は有料のアップデートであり、新しいバージョン 14 のライセンス キーが必要です。
新着情報
NSM-1 – クライアント > ゲートウェイとゲートウェイ > HTTP 経由の通信を制御するためのカスタムおよび Let’s Encrypt 証明書を使用して TLS/SSL セキュリティを実装します
NSM-2 – クラスタ化された接続サーバー/ゲートウェイを実装し、単一のブラウズ ポイント、ロード バランシング、および復元力と全体的なキャパシティの増加のためのフェイルオーバーを備えています。
NSM-3 – 接続されたクライアントのリストをゲートウェイ コンソールからエクスポートする機能が追加されました。
NSM-4 – ホスト名が異なる限り、同じ IP アドレスと MAC アドレスで接続している仮想クライアントを区別できるようにする拡張接続サーバー。
NSM-6 – ゲートウェイ オペレーター用に 2FA (2 要素認証) を追加しました。
NSM-7 – DUO スマート デバイス アプリを使用して、NSM ゲートウェイ接続認証用の DUO プッシュ認証を提供できるようになりました。
NSM-9 – コントロールに保存されているゲートウェイ キーとオペレーター パスワードの暗号化レベルを高めました。
NSM-10 – コントロールに保存されているセキュリティ キーに、より高いレベルの暗号化を追加しました。
NSM-11 – 実行可能ファイルの名前が変更された場合にクライアントの実行を停止する保護をクライアントに追加しました。
NSM-12 – ログ ファイル エントリに保存するためのユーザー名と接続オプションを追加しました。
NSM-13 – 指定した日数より古いログ エントリを削除する機能を追加しました。
NSM-14 – 切断時のコントロールのユーザー名のエントリをログ ファイルに追加しました。
NSM-16 – 接続を開始し、URL 経由でセッションを表示する機能が追加されました。
NSM-18 – コントロール ユーザーもデュアル モニターを使用している場合に、デュアル モニターを使用したクライアントの全画面表示を改善しました。
NSM-19 – コントロールのセカンド モニターでフルスクリーン モードでクライアントを表示する機能を追加しました。
NSM-20 – クライアントの右クリック コンテキスト メニューに Powershell とリモート コマンド プロンプトを追加しました。
NSM-21 – グループの右クリック コンテキスト メニューに Powershell オプションを追加しました。
NSM-22 – クライアント コンフィギュレーターに「フォント スムージングを無効にする」を追加しました。
NSM-23 – ファイル転送、ファイル配布、およびファイル マネージャーに「ダウンロード」ショートカットを追加しました。
NSM-26 – Windows 11 および Server 2022 のサポートが追加されました。どちらも自動グループでグループとして表示されます。
NSM-37 – ファイル転送ウィンドウでお気に入りを追加できるようになりました。
NSM-38 – レジストリの編集から選択したアイテムをエクスポートする機能を追加しました。
NSM-39 – サポート ツールは、NSM 関連のコンポーネント クラッシュに関連するイベント ログからエントリを返すようになりました。
NSM-72 – スクリプトがサポートされているオペレーティング システムのリストが更新され、Windows 11 および Server 2022 が含まれるようになりました。
NSM-158 – ファイル転送でリモート ファイルを開いて編集し、更新されたファイルをクライアントに送り返す機能を追加しました。
NSM-159 – バージョン 14.00.0000 のマネージャー ユーザー インターフェイスを更新しました。
NSM-169 – NetSupport Manager が DPI 対応になりました。
NSM-183 – アプリケーション、プロセス、およびサービスを含むタスク マネージャー ビューを追加しました。
NSM-314 – ファイル転送にフォルダーとファイルの属性を追加しました。
NSM-468 – ビュー セッションでマシン名の横にクライアントの IP アドレスを表示する機能が追加されました。
NSM-552 – コントロールにサムネイル ホバー ズーム トグル スイッチを追加しました。NSM-581 – コントロールおよびクライアント コンフィギュレーターに検索機能を追加しました。
NSM-602 – NetSupport Manager v14、Windows Server 2022 をサポート。
NSM-630 – NetSupport Manager クライアント インターフェイスが v14.00.0000 用に更新されました。
NSM-651 – URL 接続方法の表示名パラメーターを追加しました。
NSM-748 – クライアント AD ポリシー テンプレートの 3 つの新しい設定により、クライアントのログ機能が強化されました。
NSM-759 – ゲートウェイ サービスは、異常なシャットダウンの場合に自動回復するようになりました。
NSM-775 – クライアントを検索するとき、表示名も検索に含まれるようになりました。
NSM-776 – コントロール インターフェイスでゲートウェイを IP アドレスで検索できるようになりました。
NSM-924 – 中央ネットワークの場所から execute.nsm ファイルを読み取ることができるようになりました – レジストリ キーを設定する必要があります。
NSM-955 – クライアント評価ライセンスの有効期限が切れ、クライアントが接続しない場合に、コントロールがクライアントでライセンスを更新できるようにします。
NSM-1060 – 最新の macOS バージョンの自動グループを追加しました。


修正事項
NSM-44 – ファイル転送の使用時に発生する可能性があったクラッシュを解決しました。
NSM-45 – アクセスが拒否された失敗したファイル転送に対して誤ったメッセージが表示される問題を解決しました。
NSM-46 – インターナショナル キーボード オプションを使用すると、クライアントが大文字で動かなくなる問題を解決しました。
NSM-47 – 「リモート コマンド プロンプトを無効にする」と「リモート Powershell を無効にする」のオランダ語のテキストの重複を解決しました。
NSM-49 – ゲートウェイ コンフィギュレーターとコントロールの間のパスワード長の不一致を解決しました。
NSM-50 – 記録中にリプレイ ファイルを再生できない問題を解決しました。
NSM-51 – ゲートウェイ インターフェイスでタブを切り替えるとクラッシュする可能性がある問題を修正しました。
NSM-53 – Chrome Student からの接続を妨げる Gateway の問題を修正しました。
NSM-328 – スクリプトから起動した場合、ビュー ウィンドウに最大化ボタンと閉じるボタンが表示されない問題を解決しました。 NSM-478 – 異なるサイトの複数のクライアントが同じ IP アドレスと Mac アドレスを使用している場合、コントロールが正しくないクライアントに接続する問題を解決しました。
NSM-523 – コントロール インターフェイスで検索したときにゲートウェイが見つからない問題を修正しました。
NSM-541 – 多数のクライアントでゲートウェイを参照するときのコントロールのパフォーマンスが向上しました。
NSM-579 – 誤った説明が使用されていた ADMX テンプレートの問題を解決しました。
NSM-610 – Linux が自動グループから削除されました。
NSM-668 – コントロール コンフィギュレーターから NetSupport Protect 設定を削除しました。
NSM-1010 – リストの最後のクライアントにカーソルを合わせると、クライアント情報ポップアップ ダイアログが画面の下部から消える問題を修正しました。

NetSupport Manager Control for Mac 14.00.0000 2022年9月12日(月)リリース

このバージョンの NetSupport Manager は有料のアップデートであり、新しいバージョン 14 のライセンス キーが必要です。
新着情報
ユーザー インターフェイスを更新しました。
2 要素認証 (NSM 14 ゲートウェイ) が追加されました。
HTTPS/TLS (NSM 14 ゲートウェイ) を追加しました。

NetSupport Manager 12.80.0014 2022年5月16日(月)リリース

このリリースのNetSupportManagerバージョン12.80.0014は、新しいライセンスキーを必要とせず、既存のNetSupportManager12.70ライセンスで動作します。

このリリースでの修正
・ビューセッションの終了時に発生する可能性があったコントロールのクラッシュを解決しました。
・ゲートウェイの再起動後にクライアントがゲートウェイサーバーに自動的に再接続しない場合がある問題を解決しました。

NetSupport Manager 12.80.0012 2022年3月3日(木)リリース

このリリースのNetSupportManagerバージョン12.80.0012は、新しいライセンスキーを必要とせず、既存のNetSupportManager12.70ライセンスで動作します。

<修正点>
NSM-265ドイツ語デバイスをリモートコントロールするときに誤った文字が表示されるキーボードマッピングの問題を修正しました。
NSM-264Windows98SEクライアントでDOSプログラムを表示する際の問題を解決しました。
NSM-260コマンドラインオプションを使用してリモートPowerShellセッションを実行できなかった制御側の問題を修正します。
学校のコンポーネント
NSS-2 PortableTechConsole使用時のクラッシュを解決しました。
NSS-4 Classlinkの機能が維持されるように、製品を更新しました。
NSS-5インストールパッケージからNSWebFilterDriverを削除しました。不要になりました。
NSS-6アプリケーションが学生で正しくレンダリングされないというShowApplicationの問題を解決しました。
NSS-7学生のリダイレクトされたフォルダへのファイル配布を妨げる問題を解決しました。

NetSupport Manager Macクライアント 1.00.0027 2022年2月1日(火)リリース

<修正点>
クライアント権限ユーティリティでEnterキーを押して、入力した資格情報を送信できるようになりました。
ゲートウェイアドレスフィールドにドメイン名を入力できるようになりました。
ログアウト/ロックされたユーザーに対してユーザー確認応答が自動的に拒否され、無視されるようになったため
、コントロールユーザーが接続できる問題が解決されました。
ログインしている場合でも、ユーザーの確認には、ユーザーが接続を承認/拒否する必要があります。
ローカルアプリポートとクワイエットモードのオプションを設定に追加しました。
クライアント設定は、アップグレード時に保持されるようになりました。
クライアントアイコンに、接続された緑色のライトが表示されるようになりました。

NetSupport Manager12.80.0011 2021年11月9日(火)リリース

このリリースのNetSupportManagerバージョン12.80.0011は、新しいライセンスキーを必要とせず、既存のNetSupportManager12.70ライセンスで動作します。

このリリースでの修正
マネージャーコンポーネント
・権限のない場所にファイルを転送しようとしたときに、ファイル転送で表示されていたエラーメッセージを修正しました。
・NetSupport Managerは、マネージャーコントロールでWindows11クライアントを正しく報告するようになりました。


スクールコンポーネント
・NetSupport School 14.00.0010にアップグレードした後、NCSへの接続が停止する問題を解決しました。
・Tutorsクリップボードがユーザーによってリモートデバイスに意図せずコピーされるのを防ぐために、自動クリップボードがデフォルトで無効になりました。
・NetSupport Schoolは、Tutor and TechConsoleでWindows11の生徒を正しく報告するようになりました。

NetSupport Manager 12.80.0006 2020年9月15日(火)リリース

NetSupport Managerバージョン12.80.0006のこのリリースは、新しいライセンスキーを必要とせず、既存のNetSupport Manager 12.70ライセンスで動作します。
このリリースでの修正
マネージャーコンポーネント
・NetSupport Manager を v12.80 にアップグレードした後、Windows 7 (XPS) のプリントキャプチャが動作しない問題を解決しました。
・ゲートウェイサーバーを再起動した後、クライアントがゲートウェイサーバーに接続できない問題を解決しました。
・コピーコマンドを使用したときにスクリプトが 1 秒以内に完了してしまうスクリプトエラーを修正しました。

スクールコンポーネント
・Microsoft Excelのドキュメントが正しく開かない問題を解決しました。
・Chromium Edgeブラウザを使用しているときに、全画面表示でインターネットの制限がバイパスされる問題を解決しました。

NetSupport Manager 12.80.0005 2020年5月12日(火)リリース

NetSupport Managerバージョン12.80.0005のこのリリースは、新しいライセンスキーを必要とせず、既存のNetSupport Manager 12.70ライセンスで動作します。
NetSupport Managerバージョン12.80.0005の変更:
修正されたもの
マネージャーコンポーネント
・ライセンスキーのアクティベーション後にコントロールが起動しない問題を解決しました。
・詳細モードでクライアント名の入力を開始したときに、コントロールがクライアントにジャンプしない問題を解決しました。

スクールコンポーネント
・Firefoxブラウザバージョン75との競合を解決しました。
・SISモードの設定メニューで長い学校名が途切れる問題を解決しました。
・クライアントサービスが停止し、先生に接続しているときにクライアントサービスがクラッシュする可能性がある問題を解決しました。
・ユーザーが接続サーバーで名簿の一括更新を実行できなかった問題を解決しました。

NetSupport Manager 12.80.0003の変更:
修正されたもの
マネージャーコンポーネント
・Windows 10バージョン1903/1910でのクライアントクラッシュを解決しました。
・コントロールが、IPアドレスが重複する外部マシンを参照できない問題を解決しました。 ・コントロールツリービューで[クライアントの場所]を右クリックすると、コントロールがクラッシュする問題を修正しました。

スクールコンポーネント
・2つのモニターを備えた先生から表示する場合のアプリケーションの表示の改善。
・選択したアプリケーションが先生のデスクトップ全体を拡大縮小せずに表示されるようになりました。
・NetSupport Managerのスクールコンポーネントでパスワードのリセットが機能しなかった問題を解決しました。

新着情報
マネージャーコンポーネント
・特定のクライアントを簡単に検索できるように、詳細モードでフィルターを表示するUIに更新しました。
・IPアドレスを使用してHTTP接続経由の制御アクセスを制限する機能が追加されました。

学校のコンポーネント
・組み込みのNetSupport Schoolコンポーネントをバージョン14に更新しました。

NetSupport Manager 12.70.0006 2020年1月3日(金)リリース

このリリースで修正

・クライアントに接続している状態でリプレイファイルを表示するときに、コントロールでGPFを解決しました。
・接続して表示すると、Windows 10クライアントが灰色の画面を表示する問題を修正しました。


リリースノート(NetSupport School)

NetSupport School 15.10.0000 2023年12月12日(火)リリース

このバージョンのNetSupport Schoolには、バージョン15.00のライセンスキーが必要です。

新着情報
• さまざまな DPI 設定用にテストデザイナーとテストモジュールが更新されました。
• テストデザイナーにスペルチェッカーを追加しました。
• 新しく作成された質問がメインツリーで選択されます。
• テストデザイナーに同じタイプの別の質問を作成するためのチェックボックスを追加し、テストをより簡単かつ迅速に作成できるようにしました。

修正事項
• 回答に多くのテキストが含まれている場合に、ドラッグアンドドロップの質問タイプの切捨ての問題を修正しました。
• エンドユーザーがすべての選択肢に回答せずに次の質問に進むことができる、正誤質問タイプの問題を解決しました。
• ファイル配布の進行中に学生が接続を切断したときのクラッシュを解決しました。
• Tech Consoleのグループ名がアルファベット順に表示されない問題を解決しました。
• デフォルトのログイン/パスワードをテストデザイナーから削除し、アプリの終了時に作成することを推奨しました。
• 基本モードでフィードバックとウェルビーイングを使用するときの製品のロックアップを解決しました。
• 生徒のゲートウェイキーダイアログの文字の長さが講師およびゲートウェイコンポーネントの長さと一致しない問題を解決しました。
• 学生を参照してグループ化機能を使用するときのTech Consoleのアサートを修正しました。
• 学生の宛先パスが「デスクトップ:」の場合、送信/収集作業で収集エラーが発生する問題を修正しました。
• 学生がOperaブラウザを使用しているときのインターネットの計測とブロックを修正しました。
• グループリーダーインターフェイスを使用する場合の製品のロックアップを解決しました。
• コンボ質問タイプ内の指示テキストを修正しました。
• 異なるDPIが設定されているときに、Tutorインターフェイスをあるモニターから別のモニターに移動するときの製品のロックアップを修正しました。
• PowerPointプレゼンテーションを学生に表示するときの製品のロックアップを解決しました。
• インストール中に過剰な権限を要求する一部のコンポーネントに変更を加えました。
• 中央ポリシーの一時停止の正しい状態を表示するインターフェイスの問題を修正しました。
• ユーザーのアカウントがロックアウトされた場合にパスワードをリセットできない問題を修正しました。

NetSupport School Tutor for Android 15.00.0001 2023年11月13日(月)リリース

新着情報
・SDK33をターゲットとする先生用アプリを更新しました

NetSupport School Student for Android 15.00.0001 2023年11月3日(金)リリース

修正事項
・SDK33をターゲットとする生徒用アプリを更新しました

NetSupport School 15.01.0000 2023年8月22日(火)リリース

このバージョンのNetSupport Schoolには、バージョン15.00のライセンスキーが必要です。

新着情報
・NSS-190 – MP4 ビデオ形式がショービデオで利用できるようになりました。wmplayerでMP4コーデックを使用できるようにする必要があります。
・NSS-846 – アラビア語の右から左へのサポートを追加しました。

修正事項
・NSS-1891 – ポータブル チューター/テック コンソールの使用時に発生した GPF を解決しました。
・NSS-1904 – ユーザーがどの学生の展示物を受け取るかを選択できない問題を解決しました。
・NSS-1906 – グループへの展示が誤ってクラス全体に送信される問題を修正しました。
・NSS-1944 – 学生に対して表示セッションを実行するときに発生する可能性のある GPF を解決しました。
・NSS-1969 – デプロイ ツールの使用時に発生したクラッシュを解決しました。
・NSS-2001 – ユーザーがアクセスしたい URL を入力する前に、承認済みサイト制限ページが表示される問題を修正しました。

NetSupport School for Mac 15.00.0000 2023年7月24日(月)リリース

このバージョンのNetSupport Schoolは有料アップデートであり、新しいバージョン15.00ライセンス キーが必要です。

新着情報
・NSSM-32 – NetSupport macOS 講師は、NetSupport School Connectivity Server から SIS 情報を取得してクラスを開始できるようになりました。
・NSSM-44 – School 15 に一致するようにツールバー アイコンが更新されました。
・NSSM-52 – ツールバーに「クラスの管理」ボタンを追加しました。
・NSSM-55 – クラスの複数のリストを作成および保存するためのクラス ウィザードを追加しました。

修正事項
・NSSM-16 – 許可ユーティリティが macOS Monterey でのフルディスクアクセス許可の誤ったステータスを報告する問題を解決しました。
・NSSM-105 – Windows 講師からの「すべてブロック」起動制限がmacOS生徒に正しく適用されない問題を解決しました。

NetSupport School 15.00.0000 2023年7月3日(月)リリース

このバージョンの NetSupport School は有料アップデートであり、新しいバージョン15.00ライセンス キーが必要です。

新着情報
・NSS-15 – 履歴エントリを右クリックして、生徒の Web 履歴表示から URL を保存または直接移動する機能を追加します。
・NSS-26 – 作業の送信/収集の機能強化により、送信する作業パッケージ内でサブフォルダーを指定できるようになりました。
・NSS-29 – 講師リボンのクイック起動に「ログイン済み」マシンのみで起動するオプションが追加されました。
・NSS-34 – Active Directory パスワードのリセット オプションは、GPO ポリシーによってコンテキスト メニューから削除できます。
・NSS-40 – チャットが完了したらチャット履歴を自動保存するように講師を設定する機能を追加しました。
・NSS-41 – Tech Console で学生、マシン、実行中のアプリケーションを検索したり、Web サイトを開いたりする機能を追加しました。
・NSS-42 – 生徒のマシンに複数のディスプレイがある場合に、技術コンソールと講師がサムネイルとして表示するモニターを選択できるようにします。
・NSS-45 – 講師と技術コンソールは、ビュー セッションの実行時にマルチモニターのサムネイルを表示したり、画面を切り替えたりできるようになりました。
・NSS-46 – マシンが再起動されるまで Client32 サービスを停止したり、一定期間停止したり、指定した時刻に再起動したりする機能が追加されました。
・NSS-54 – GPO を介して表示のデフォルト オプションとして「フィットするように拡大縮小」を設定できます。
・NSS-56 – GPO 経由で印刷しきい値を設定できるようになりました。
・NSS-57 – GPO 経由でロック レイアウトを強制できるようになりました。
・NSS-58 – GPO 経由でスクリーンショット機能を有効または無効にする機能が追加されました。
・NSS-59 – GPO を介したファイル転送および配布のデフォルト パスを指定する機能が追加されました。
・NSS-70 – ゲートウェイ キーの説明が NCS インターフェイスに表示されるようになりました。
・NSS-81 – 学生の承認済み Web サイト リストで Web サイトを表示するか非表示にするかを選択できるようになりました。
・NSS-84 – GPO 経由で履歴レポートを自動的に保存する場所も設定できるようになりました。
・NSS-90 – Tech Console のレポート モードでクライアントのバージョンを表示/非表示にできます。
・NSS-101 – 講師全体で「はい/いいえ」の確認プロンプトを無効にする機能が追加されました。
・NSS-112 – ログアウトしたマシンの電源をオフにする機能が追加されました。
・NSS-116 – テスト デザイナーに新しい質問タイプ、ハイライト テキスト質問が追加されました。
・NSS-133 – School Test Design への .png 形式ファイルのインポートができるようになりました。
・NSS-170 – GPO を介して、さまざまなタブの教師の表示スタイル、詳細ビューを設定できるようになりました。
・NSS-178 – クラス ウィザードでルーム モード接続を複数選択する機能が追加されました。
・NSS-199 – メッセージ経由で送信された URL が生徒側でクリックできるようになりました。
・NSS-206 – 右クリックの [削除] オプションを使用して、古い生徒をインターフェイスから削除できるようになりました。
・NSS-211 – マシンをリモートからログアウトする時に表示される「確認ダイアログ」を非表示にすることができます。
・NSS-221 – 「よろしいですか?」のメッセージを表示しないように選択できます。講師インターフェイスを閉じるときにダイアログが表示されます。
・NSS-229 – 「あなたの環境を最もよく表すものは何ですか?」を設定できるようになりました。GPO経由。これにより、MultiSeat シン クライアント、タブレット、Chromebook、または Windows 10 S の生徒向けの講師インターフェイスが削減されます。
・NSS-232 – GPO 経由でツールバーから Web アクセス オプションを無効にできます。
・NSS-243 – ログイン名と表示名がサムネイルに表示されるようになりました。
・NSS-245 – GPO 経由で電源管理オプションを無効にする機能が追加されました。
・NSS-262 – SIS 接続の GPO 経由で学校名を適用できるようになりました。
・NSS-275 – GPO 経由でクイック起動を無効にできるようになりました。
・NSS-280 – GPO 経由でオーディオのしきい値を設定できるようになりました。
・NSS-345 – ドラッグ アンド ドロップの質問タイプに虚偽の回答を含めることができるようになりました。
・NSS-365 – 接続サーバーのコンソール ウィンドウのサイズが変更可能になりました。
・NSS-383 – NetSupport Tutor が DPI 対応になりました。
・NSS-384 – NetSupport Tech Console が DPI 対応になりました。
・NSS-433 – 実行中のアプリケーションと Web サイトの列を表示/非表示にするオプションを Tech Console に追加しました。
・NSS-626 – ビューの実行中に生徒の画面をブランクにする機能が追加されました。生徒側は空白になりますが、講師/技術コンソールは引き続き画面を表示できます。
・NSS-791 – タスク マネージャーとインベントリが 2 つの個別の機能に分割されました。
・NSS-839 – 製品全体の NetSupport ブランドを更新しました。
・NSS-872 – 資格情報 (必要な場合) を使用してチャット履歴を設定されたディレクトリに保存できるようにする GPO ポリシーを追加しました。
・NSS-895 – 管理者がさまざまな講師構成を設定できるようにする GPO ポリシーを追加しました。つまり、レイアウトをロックし、アクティブな印刷ジョブを表示します。
・NSS-1419 – 学生へのご褒美の一種としてステッカーを送信できるようになりました。
・NSS-1503 – 講師および技術コンソールの「オプション」項目に表示される更新アラート機能を追加し、更新の可用性に関する情報を提供します。
・NSS-1814 – NetSupport School v15.00.0000 のユーザー インターフェイスに新しいデザインが実装されました。

修正事項
・NSS-25 – USB デバイスの制限が機能しない問題を修正しました。
・NSS-95 – 遅れて参加する人は進行中のショーに参加できるようになります。これは表示のみに適用され、ビデオ/アプリケーションは表示されません。
・NSS-100 – ユーザー モード クラスの再接続では、生徒のログインとクラスの更新後に、講師で以前に作成されたアイコン プレース ホルダーが使用されます。
・NSS-124 – ルーム モードの使用時に間違ったゲートウェイ キーに対して表示されるエラー メッセージが改善されました。
・NSS-177 – NSW.lic を使用する場合、NetSupport Deploy ユーティリティがインストールされたパッケージに含まれるようになりました。
・NSS-292 – ロックされた生徒の再起動は、保存が保留中であっても成功するようになりました。
・NSS-344 – テストの途中で学生の接続が失われた場合、その学生からそれまでに得られた結果は保存され、クラスの概要と個々の学生のレポートで利用できます。
・NSS-367 – Google クラスルームの生徒の写真の URL が 1000 文字を超えた場合に接続サーバーでクラッシュを引き起こす問題を修正します。
・NSS-667 – 再起動時にシャットダウン メッセージがサムネイルとビュー ウィンドウに正しく表示されるようになり、シャットダウン プロンプトを確認して応答できるようになりました。
・NSS-1708 – 学生に対してインターネット制限が設けられている場合に、Firefox キオスク モードでのインターネット ブラウジングが許可される問題を解決しました。
・NSS-1754 – 学生がアクティブなクラスを退席すると、ヘルプ リクエストがクリアされるようになりました。
・NSS-1763 – すべて制限が学生に適用されている場合に BING AL がブロックされない問題を解決しました。
・NSS-1764 – インターネット「すべてを制限」が生徒に適用されている場合に、Microsoft Word を介した Web 検索が可能になる問題を修正しました。

NetSupport School for Chrome Student 15.0.0.0 2023年7月3日(月)リリース

新着情報
・NSSCS-26 – Chrome Student は、Windows NetSupport School 15.00.0000 リリースに追加された最新のフィードバックおよびウェルビーイング イメージをサポートするようになりました。
・NSSCS-33 – Windows NetSupport School バージョン 15.00.0000 に一致するように、Chrome Student 全体で使用されるアイコンと画像を更新しました。

修正事項
・Chrome Student が番組を受信した後、Windows Tutor でサムネイルが歪んで表示される問題を解決しました。

NetSupport School for Chrome Tutor 15.0.0.0 2023年7月3日(月)リリース

新着情報
・NSSCT-15 – Windows NetSupport バージョン 15.00.0000 に一致するように、アイコンと画像を備えた Chrome Tutor インターフェイスを更新しました。

修正事項
・NSSCT-19 – チャットを閉じることができない問題を解決しました。
・NSSCT-20 – 最新のブラウザーには適用されなくなったため、FTP をブロックするオプションを削除しました。
・NSSCT-24 – 常に HTTPS:// というプレフィックスを付けるように送信URLを更新しました。

NetSupport School Student for Android 15.00.0000 2023年7月3日(月)リリース

新着情報
・NSSAS – 15 – Windows School バージョン 15.00.0000 に一致するようにブランドを更新しました。

修正事項
・チャットおよび新しいバージョンの Android OS を使用するときに発生する可能性のあるアプリのクラッシュを解決しました。

Android 用NetSupport School Tutor 15.00.0000 2023年7月3日(月)リリース

新着情報
・NSSAT-45 – ユーザー インターフェイスを更新しました。

修正事項
・NSSAT-15 – アップグレード時にアプリケーションのデータと構成が保持されるようになりました。
・NSSAT-33 – アプリケーションの起動時に一部のユーザーに発生する可能性のあるクラッシュを解決しました。
・NSSAT-44 – ヘルプ要求メニューからビューを開始するときに発生する可能性のあるアプリケーションのクラッシュを解決しました。
・NSSAT-52 – ポットラック番号のテキスト フィールドが切り捨てられる問題を修正しました。

NetSupport School 14.00.0015 2023年1月10日(火)リリース

このバージョンの NetSupport School は、既存のバージョン 14 ライセンスで動作します。

新着情報
・NSSM-51-レジストリ レベルで「ユーザーとして」資格情報を指定して、ネットワーク上の場所に保存されている SIS 名簿ファイルにアクセスする機能を追加しました。

修正事項
・NSS-10-接続モードの種類を切り替えると、先生が「応答なし」状態になる可能性がある問題を解決しました。
・NSS-448-生徒を Windows 11 SE デバイスにインストールした後、キーボード入力が無効になる問題を解決しました。
・NSS-470-Windows 11 SE で nskbfltr が読み込まれないようにします。

NetSupport School for Mac 12.61.0003 2022年11月23日(水)リリース

修正事項
・NSSM-17-ログイン後に生徒が先生に接続できないという接続の問題を解決しました。
・NSSM-29-Mosyle MDM の使用時に mobileconfig をプッシュする際のプロファイル インストールの問題を修正しました。

NetSupport School Tutor for Android1.10.0001 2022年5月18日(水)リリース

このリリースでの修正
・NSSAT-25-特定のデバイスでアプリケーションがクラッシュする問題を修正しました。
・NSSAT-27-チューターが通知メニューを使用してアプリを表示したりチャットを読み込んだりした場合の、古いAndroidバージョンの問題を解決しました。

NetSupport School Student for Android2.17.0000 2022年5月6日(金)リリース

新着情報
・NSSAS –2-MDMソリューションを介してAndroidStudentを構成する機能が追加されました。

NetSupport School for Chrome Student2.0.6.0 2022年4月7日(水)リリース

このリリースでの修正
・NSSCS-14-生徒のオプションページが正しく読み込まれない古いバージョンのChromeOSの問題を修正しました。

NetSupport School for ChromeTutor1.17.2.0 2022年3月30日(水)リリース

新着情報
・NSSCT-1-ChromeTutorが韓国語で利用できるようになりました。

NetSupport School for Mac 12.61.0002 2022年3月14日(月)リリース

<修正点> (IN63723)ルートユーザーとしてNetSupportSchoolをアンインストールするとAppleRemoteDesktopがハングする問題を解決しました。
(IN64619)M1macデバイスでのサイレントインストールを妨げていた問題を修正しました。
(IN64486)NetSupportSchoolをmacOSMontereyにインストールする際のエラーを解決しました。
(IN63608)ARDサイレントインストール中にライセンスファイルがStudentにコピーされない問題を解決しました。

NetSupport School 14.00.0012 2022年3月3日(木)リリース

このバージョンのNetSupportSchoolは、既存のバージョン14ライセンスで動作します。

<修正点>
NSS-2 PortableTechConsole使用時のクラッシュを解決しました。
NSS-4 Classlinkの機能が維持されるように、製品を更新しました。
NSS-5インストールパッケージからNSWebFilterDriverを削除しました。不要になりました。
NSS-6アプリケーションがレンダリングされないShowApplicationの問題を解決しました
NSS-7学生のリダイレクトされたフォルダへのファイル配布を妨げる問題を解決しました。
NSS-8がNetSupportSchoolにスロバキア語を追加しました。

NetSupport School 14.00.0011 2021年11月3日(水)リリース

このバージョンのNetSupportSchoolは、既存のバージョン14ライセンスで動作します。

このリリースでの修正
・NetSupport School 14.00.0010にアップグレードした後、NCSへの接続が停止する問題を解決しました。
・Tutorsクリップボードがユーザーによってリモートデバイスに意図せずコピーされるのを防ぐために、自動クリップボードがデフォルトで無効になりました。
・NetSupport Schoolは、Tutor and TechConsoleでWindows11の生徒を正しく報告するようになりました。

NetSupport Schoolバージョン14.00.0006 2020年9月15日(火)リリース

NetSupport Schoolバージョン14.00.0006のこのリリースは、新しいライセンスキーを必要とせず、既存のNetSupport School 14.00ライセンスで動作します。

このリリースでの修正
・Microsoft Excelのドキュメントが正しく開かない問題を解決しました。
・Chromium Edgeブラウザを使用しているときに、全画面表示でインターネットの制限がバイパスされる問題を解決しました。

NetSupport Schoolバージョン14.00.0004 2020年4月30日(木)リリース

NetSupport Schoolバージョン14.00.0004のこのリリースは、新しいライセンスキーを必要とせず、既存のNetSupport School 14.00ライセンスで動作します。

このリリースでの修正
•Firefoxブラウザーバージョン75との競合を解決しました。
•SISモードの設定メニューで長い学校名が途切れる問題を解決しました。
•クライアントサービスが停止し、先生に接続しているときにクライアントサービスがクラッシュする可能性がある問題を解決しました。
•ユーザーが接続サーバーで名簿の一括更新を実行できなかった問題を解決しました。

NetSupport Schoolバージョン14.00.0002 2020年2月12日(水)リリース

NetSupport Schoolのこのリリースには新しいライセンスキーが必要です。
バージョン14用に発行されたキーのみがこのリリースで動作します。

このリリースで修正

・フィードバックとwellbeingの質問が200% dpiで正しく表示されない問題が修正されました。

NetSupport Schoolバージョン14.00.0001 2020年2月5日(水)リリース

NetSupport Schoolバージョン14.00.0001がリリースされ、弊社のWebサイトからダウンロードできるようになりました。


NetSupport Schoolのこのリリースには新しいライセンスキーが必要です。
バージョン14用に発行されたキーのみがこのリリースで動作します。
*NetSupport Schoolバージョン13はございません。


NetSupport Schoolバージョン14.00.0001の変更:
このリリースで修正
•生徒の色を損なう問題を解決しました。
•生徒が低品質のWebサイトアイコンのあるWebサイトにアクセスしている場合に発生した先生のクラッシュを解決しました。


NetSupport Schoolバージョン14.00.0000の変更:
新着情報
•先生がクラスの制御を維持するために必要なコアツールのみを表示および使用できるようにする「簡易モード」を追加しました。
•生徒がどのように感じているか、クラスのトピックについてどの程度理解しているかを把握するために、新しい生徒のフィードバックとWellbeingモードが追加されました。
•生徒のサムネイル更新を改善することにより、ネットワークトラフィックを削減しました。

このリリースで修正
•Microsoftリモートアシスタンス(MSRA.exe)との競合を回避するためのADM/ADMXポリシー設定が追加されました。
•IPアドレスが変更されたときに生徒がレイアウトを移動する問題を解決しました。
•学生の誤ったフランス語翻訳を修正
•フランス語の「展開」の翻訳を修正しました。
•追加のフランス語翻訳を修正しました。
•「名前と接続サーバー」のセルビア語の翻訳を修正しました。
•先生を新しい高度、中級、または集中モードで起動できるようにADMテンプレートを更新しました。
•フランス語のホワイトボードメッセージに修正が加えられました。これは、「ディスプレイ」を参照して、生徒にホワイトボードを表示します。
•フランス語のホワイトボードのメッセージに修正が加えられ、生徒にホワイトボードを見せるために「ディスプレイ」が参照されるようになった。
•調査モードの質問/回答がログオフした生徒に表示されない問題を解決しました。
•生徒の接続を解決するときに発生する可能性があった先生のクラッシュを修正しました。
•「部屋ごとのグループ化」を使用している場合、テックコンソールは部屋の順序を記憶するようになりました。