NetSupport Manager

 > NetSupport Manager

NetSupport Manager

「NetSupport Manager(ネットサポート マネージャー)」は、1対1でのリモートコントロールではなく、多対多の接続を可能とします。
GoogleおよびApple appストアから無料でダウンロード可能な機能カット版モバイルアプリなど、標準ですべてのコンポーネントを提供しています。
また、WANからのリモートサポート環境を構築するための「NetSupport GateWay」も標準で含まれているため、サードパーティ製サーバーを経由する必要は 無く、セキュリティ面でも安心です。
英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、オランダ語、ポルトガル語、日本語、中国語、ポーランド語にローカライズ化され、世界各国で高い評価を得ているリモートコントロールソフトウェア「NetSupport Manager」の魅力を、是非、左記の動画よりご参照ください。

NetSupport Managerの主な機能

インタラクティブ縮小画面によるモニタリングシステム

インタラクティブ縮小画面によるモニタリングシステム

接続中のすべてのクライアントコンピュータの縮小画面を表示することができます。
縮小画面のサイズは、調節可能です。もちろん更新間隔も。
さらに、コントロールユーザーは、特定の縮小画面にマウスを重ねると選択したPCの画面を拡大することができます。
リモートコントロールソリューションではユニークなこの機能で、IT管理者は重要なシステムを常に注意しながら、システムに介入が必要かどうか、すぐに判断できます。
表示画面には、OSの種類、ネットワークアドレス、現在のログオンユーザー、コンピュータ名といった主要な情報が一目でわかるマークを提供します。

マルチモニター

クライアントが複数のモニタを使用している場合は、コントロールユーザーが、デスクトップ画面を切り替えることができます。

リモートシステムの自動グループ

コントロールのツリー表示は、環境とオペレーティングシステムのようにあらかじめ定義した条件を基に、離れたシステムをグループ化することで、お使いのITインフラの簡易概要を提供します。

例えば、特定のWindows OSまたはLinuxディストリビューションが動作しているコンピュータを簡単に確認できます。
これは、特に新しいテクノロジーの更新や展開を計画するときに便利です。

リモートシステムの自動グループ

セキュリティ

NetSupport Managerは、25年間にわたる研究・開発を活かし、安全性の高いリモートコントロールを提供しています。
ユーザー承認機能、256ビット暗号化、スマートカードのサポート、AD統合など安全性を拡大し続け、海外では軍や金融機関でも採用されています。

セキュリティ

ハードウェアとソフトウェアの構成一覧

ボタンをクリックするだけで対象のコンピュータにインストールされているハードウェアとソフトウェアをリアルタイムで確認できます。
この情報をNetSupportコントロールプログラム上で集めることができます。

NetSupport Managerは、クライアントPCのハードウェア、または環境に関する80項目以上の情報を収集します。
それらには、インストールされているアプリケーション、適用済みのホットフィックスが含まれています。

リモートでのサポートや診断を支援するためのメモリ内のアプリケーション、稼動中のプロセス、インストールされているサービスを確認や、セキュリティで許可されている場合は、それらを操作することもできます。

ハードウェアとソフトウェアの構成一覧

ファイル転送と配布

ファイル転送

「ドラッグ&ドロップ」インターフェースを使ってコンピュータ間でファイルを転送や操作します。
離れたコンピュータの画面を表示しているときでも、デスクトップに直接ファイルをドロップできます。
シンプルな「ドラッグ&ドロップ」タイプのインターフェイスを使ってコンピュータ間で複数のファイルの転送や操作ができます。
2つのコンピュータのフォルダを同期、もしくはファイルや属性を直接編集することもできます。

NetSupport Managerは、デルタファイル転送技術を採用しています。ファイル内のデータをブロックごとにチェックし変更箇所だけを転送することでデータの転送時間を大幅に縮小しました。
この機能はデフォルトで有効になっており、すべてのファイルの種類に適用されます。
特に低速回線ではその性能を発揮します。

ファイル転送と配布
ファイル配布

コントロールコンピュータから複数のクライアントコンピュータに対して、単純明快な操作でファイルやデータを一斉に配布できます。

ファイルの配布が行える対象

・接続中のすべてのクライアント
・選択したクライアント
・接続中のすべてのクライアント
・定義されたグループのクライアント
・クライアントのデスクトップまたはマイドキュメントフォルダに直接ファイルを転送

リモートデスクトップ(RDP)の対応

NetSupport Managerは、RDPセッションがアクティブを検出してRDPと競合せずに使用することができます。
スクリーンスクレイプモードで続行するか、完全なリモートコントロールをするためにRDPセッションを切断するか選択できるオプションを用意しています。

リモートデプロイ

NSD(NetSupport Deploy)ユーティリティは、ネットワーク管理者がわざわざ一台一台のコンピュータに出向かずに中央管理室から複数のコンピュータにNetSupport Managerをインストール、設定する機能です。
* Windows Vista以降のWindows OSに対するデプロイは、UACをOFFにした端末にのみ実行可能です。

NetSupport デプロイで行えること

・リモートで複数のコンピュータにNetSupportパッケージを一斉インストール
・選択したクライアント
・特定のクライアント設定ファイルを作成し複数のコンピュータにダウンロード
・リモートで複数のコンピュータでNetSupportライセンス情報を更新
・リモートで複数のコンピュータからNetSupportパッケージを一斉アンインストール

電源管理

お使いのコンピュータのハードウェアとソフトウェアが「Wake-On-LAN」に対応している場合、NetSupportを使ってLAN上のコンピュータの電源オン/オフができます。
電源が落ちているコンピュータにデータをコピーする必要がある場合などに活用することができます。

プリンタリダイレクト

最新のNetSupport Managerでは、WMIサービス(WindowsXP以上で利用可能)を利用して「標準TCP/IPポート」を生成して印刷をキャプチャできるようになりました。
Windows 2000 クライアントの場合は、WMIサービスに対応していないため、NetSupport Managerは、「標準TCP/IPポート」を追加するためにレジストリを更新します。

チャットとオーディオ

テキストまたは音声モードで選択した複数のユーザーと双方向チャットが可能です。
チャットメンバーの応答がない場合、「ビープ送信」を選択して各コンピュータにビープ音を送信することができます。
「招待」機能を使用すれば、チャットが進行中でもユーザーを追加でき、履歴送信オプションでそれまでのチャットの内容のコピーを送ることができます。
チャットセッションの内容は参照用に保存することができます。

チャットとオーディオ

NetSupport Managerには、双方向のオーディオ通信が可能です。
この拡張機能により、リモートコントロール以外からも、双方向会話や、話すだけ、聞くだけと一方向の会話が可能です。
LAN/WANそしてインタネットベースの通信で利用可能です。

バーチャルホワイトボード

トレーニングやサポートの効率化を目的としたホワイトボード機能がチャット/マルチチャットで利用できるようになりました。
書き込みツールのように、コントロールはテキストチャットを視覚的に補足する画面ツールを使用することができます。

アプリケーション実行機能

アプリケーション実行機能

NetSupport Managerは、離れた場所のPCのアプリケーションを起動、インストーラの開始などができるアプリケーション実行機能を搭載しています。
この機能とファイル配布を組み合わせれば、素早く効率的な方法でリモートアップデートを実現できます。

メッセージ

1台または選択した台数のPCにNetSupportテキストメッセージを送信、またはネットワーク上のすべてのPCにブロードキャスト配信。
サーバのシャットダウンなどをユーザーに警告する場合などに活用できます。

ヘルプリクエスト

NetSupportユーザーがサポートが必要な時にあなたのヘルプデスクに直接サポート依頼を送ることができます。
ヘルプリクエストは、利用可能なオペレータ全員、もしくはユーザー設定のアカウントを基準とした特定のオペレータに送ることができます。

マルチプラットフォーム

NetSupport Manager 対応OS

「NetSupport Manager」はマルチプラットフォームに対応しているため、ビジネスシーンのニーズにあった互換性を実現しています。

コントロールに対応しているオペレーティングシステム

Windows 10
Windows 8およびWindows 8.1
Windows 7
Windows Vista
Windows XP(Service Pack 2およびそれ以降)
Windows Server 2016
Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2
Windows Server 2003(Service Pack 1およびそれ以降)
Windows CE 4.2 またはそれ以降 Pocket PC 2003/Windows Mobile
Mac OS Xバージョン10.5以降(Leopard / Snow Leopard / Lion / Mountain Lion)

コントロールアシスタントに対応しているオペレーティングシステム

iOS 5.0 以降
Android OS 2.3.3以降

クライアントに対応しているオペレーティングシステム

Windows 10
Windows 8 および Windows 8.1
Windows
Windows Vista
Windows XP(Service Pack 2およびそれ以降)
Windows Server 2016
Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2
Windows Server 2003(Service Pack 1およびそれ以降)
IntelプラットフォームのMac OS Xバージョン10.5以降(Leopard / Snow Leopard / Lion / Mountain Lion)

* コントロールは、他のPCを表示・操作する端末を指します
* コントロールアシスタントは、コントロールの一部の機能を使用できる端末を指します
* クライアントは、操作される端末を指します。