導入事例、導入環境例

 > 導入事例、導入環境例

導入事例

NetSupport Manager ユーザー様の声

テレワーク利用事例

IT企業におけるテレワーク実践の過程と結果


情報通信業 利用事例

24時間365日で稼働している管理システム運用・管理


製造業 利用事例

大規模な工場のファクトリーオートメーション(FA)運用業務


流通業 利用事例

日本全国60拠点以上展開するチェーン店でのシステム管理業務

NetSupport School ユーザー様の声

国際学院埼玉短期大学 幼児保育学科 様

情報処理の授業で「NetSupport School」を活用。


明治学院大学 経済学部 様

行動経済学・実験経済学の授業支援にNetSupport Schoolを採用。


大阪大学 社会経済研究所 様

授業支援システムにNetSupport Schoolを採用。

専門学校(課題評価・添削)利用事例

生徒作成課題の評価、添削にNetSupport Schoolを採用。


製造業(技能講習)利用事例

工場勤務者への技能講習にNetSupport Schoolを採用。


情報通信業(PC演習)利用事例

リモート環境演習PCの使用状況の把握にNetSupport Schoolを採用。


導入環境例

環境ごとに必要なライセンス数が分かります。

NetSupport Manager 環境例

◆ コントロール:遠隔操作する側のPC
◆ クライアント:遠隔操作される側のPC
◆ ゲートウェイ:遠隔操作される側と遠隔操作する側を接続するサーバ

環境例 ① 1台のコントロールPCから1台のクライアントPCに接続する場合

(コントロール、クライアントを各1台のPCにインストール)

環境例1

この場合、コントロール、クライアント各1台。 合計2台の接続となります。
必要なライセンス数は、2ライセンスとなります。

環境例 ② 4台のPCでお互いのPCに相互接続する場合

(コントロール、クライアントをPC4台にインストール)

環境例2

この場合、コントロール、クライアント各4台。最大で同時に4台の接続が行えます。
必要なライセンス数は、4ライセンスとなります。

※コントロールとクライアントの両方を1台のPCにインストールすることができます。

環境例 ③ テレワークなど、自宅や外出先の外部ネットワークから会社PCに接続する場合

(ゲートウェイをサーバにインストール。コントロール、クライアントを各1台のPCにインストール)

環境例3

ゲートウェイは、異なるネットワークを接続するサーバの役目になるため、ライセンスに含みません。
この場合、コントロール、クライアント各1台。合計2台の接続となります。
必要なライセンス数は、2ライセンスとなります。

NetSupport School 環境例

◆ 先生:遠隔操作する側のPC
◆ 生徒:遠隔操作される側のPC
◆ ネームサーバ:生徒がノートパソコンを持って教室間を移動する際に接続するサーバ

環境例 ① PC教室で、先生が30人の生徒に接続する場合

環境例4

この場合、先生1台、生徒30台。合計31台の接続となります。
必要なライセンス数は、31ライセンスとなります。

環境例 ② オンライン授業で、先生が30人の生徒に接続する場合

オンライン授業のため、VPN環境で先生が30台の生徒PCに接続
(NetSupport Schoolでオンライン授業を行う場合は、VPNを用い、先生と生徒が同じネットワーク内に存在する必要があります。)

環境例5

VPN環境で利用する際に、VPN用のライセンスは必要としません。
この場合、先生1台、生徒30台、合計31台の接続となります。
必要なライセンス数は、31ライセンスとなります。