ChromeOSデバイスでのリモートコントロール-遠隔操作やテレワークに最適なリモートコントロールソフト「NetSupport Manager」

 >   > ChromeOSデバイスでのリモートコントロール

ChromeOSデバイスでのリモートコントロール

NetSupport Managerを使用すると、ChromeOSデバイスをリモートで管理できます。NetSupport Managerコントロールは、Chromeクライアント拡張用のNetSupport Managerを実行しているChromeOSデバイスと、HTTP経由で通信します。

ChromeOSの「クライアント」システムに接続する際の主な機能

環境

  • LNetSupport Managerコントロールは、Chromeクライアント拡張用のNetSupport Managerを実行しているChromeOSデバイスと、HTTP経由で通信します。

リモートコントロール

  • 各ChromeOSクライアント画面のサムネイルは、コントロールによって単一のビューで表示できます。
  • クライアント画面の監視(ウォッチモード)ができます。
  • ChromeOSクライアントをコントロール(WindowsまたはMac)画面に表示できます。
  • コントロールデスクトップで実行されているアプリケーションをクライアントに表示できます。
  • クライアントのマウスとキーボードをリモートで「ロック」できます。
  • ChromeOSクライアントは、コントロールによって開始されたテキスト「チャット」セッションに参加できます。
  • ChromeOSクライアントは、コントロールから送信されたメッセージを受信できます。

サポートツール

  • クライアントのクリップボードの内容は、ビューセッション中にコントロールによってリモートで取得できます。コントロールのクリップボードのコピーをクライアントに送信することもできます。
  • クライアントはコントロールにヘルプのリクエストを送信できます。

セキュリティ

  • PINサーバーモジュールを介して、両者が一致するPINコードを入力するだけで、コントロールとクライアントの接続を開始できます。
  • ユーザーの接続要求に承認ができます。
  • ゲートウェイサーバーはSSL/TLS証明書が利用可能です。

Chromeシークレットモード

クライアントを完全に制御できるようにするには、ChromeOSのユーザー設定でシークレットモードを「禁止」することをお勧めします。

Chromeのインストールと前提条件

NetSupport ManagerコントロールがChromeOSデバイスに接続して対話できるようにするには、NetSupport接続サーバーをWindowsサーバーにインストールする必要があります。NetSupport Managerコントロール(Windows、Mac、またはモバイル)を技術者のコンピュータにインストールし、NetSupport Manager Chromeクライアント拡張機能を各Chromeデバイスにインストールする必要があります。


製品版と同じ機能を30日間自由にお試しいただける「無料体験版」を公開しています。
お気軽にダウンロードしていただき、設定や操作方法をご確認ください。