NetSupport School V11 機能強化バージョン - 遠隔操作ソフト・リモートコントロールソフト NetSupportシリーズ

 >   > NetSupport School V11

NetSupport School V11


Windows8(メトロ)のサポート拡張

既存のWindows8デスクトップのサポートに加え、先生や技術者は、Windows 8(メトロ)インターフェイスを実行している生徒機を操作したり
相互作用する能力を持てるようになります:

インターネット制御

アプリケーション制御

クイック起動/デスクトップ制御

バージョン11で導入された「クイック起動」オプションは、先生が遠隔でアプリケーション、特定のドキュメントまたはウェブサイトを選択した
生徒または全生徒のコンピュータ上に瞬時に起動することができます。この機能にWindows 8 「メトロ」アプリのサポートが含まれます。

「生徒デスクトップ」の制御には、Windows 8デスクトップと「メトロ」インターフェイス間を切り替えるためのオプションが含まれました。

技術者用コンソール

Windows 8 「メトロ」アプリやWindows 8 「メトロ」ブラウザで閲覧されるウェブページを「常時」制限に含めることができるようになります。

Google Chrome OSのサポート拡張

最新バージョンでは、Google Chrome OS搭載ネットブックを使用している生徒のためにNetSupport Schoolのサポートが拡張されます:

無線環境で使用するためにNetSupport Schoolを最適化

NetSupport Schoolは信頼性の低い無線ネットワークの影響を制限するために高度な技術を使用しています。
この最新バージョンでは、ネットワーク上で送信されるデータ量を減らすのに役立つ複数の設定オプションを追加しました
- パフォーマンスの改善が得られます。


新機能と向上機能: バージョン 11

NetSupport Schoolは、今日の近代的な教室で直面する課題を満たし続けるために長年にわたって進化してきました。
そして変化し続けるIT環境との互換性を保持しています。

新しいリリースでは、焦点は、革新的な新機能を導入するだけでなく、近代的な教育実践に関連し揃うように既存の機能を再確認しています。

このことを念頭に置いて、NetSupport Schoolバージョン11は、新機能および強化機能、パフォーマンスの向上を提供し、
新鮮で魅力的なユーザーインターフェイスにすべて包まれ新技術のための対応が拡張されています。


質疑応答モジュール

新しい質疑応答モジュールは教室での学習の積極的な評価を推進する簡単かつ魅力的なツールのセットを提供します。
重要な学習ポイントを強化し、授業中に即座に生徒の理解を測定することを先生に可能にします。

「クイズ番組」的アプローチで、先生はクラスに口頭ですぐに回答の早さに基づいてチームとしてまたはランダムに生徒を選択できる質問することができます。報酬は割り当てられ、個別または必要に応じてはチームに対して追跡することができます。

この機能の中核は「キャッチボール的な」質問などの授業に新し質問のスタイルを導入するだけでなく、迅速かつ効率的に相互および個別の生徒の評価を適用する機能です。

 


アップル iOSおよびAndroid用先生アシスタントアプリ

バージョン11は、アップルのiTunesとGoogleのPlay app ストアカラム用でダウンロード可能な新しいコンポーネントが導入されています。

既存のNetSupport管理教室環境で使用するため、ICT環境での先生の高い機動性とティーチングアシスタントが生徒の進捗監視を支援できる理想的なツールを提供するNetSupport先生アシスタントは従来のデスクトップ先生アプリケーションを拡張したものです。

iPad、iPod、iPhone、Androidとスマートフォン互換、デバイスにインストールされると、先生が自由に教室を移動し、主要なコントロールを維持を補助し、すべての生徒機を監視できるようにアプリはNetSupportデスクトップ先生ソフトウェアとペアになります。

 


技術者用コンソール

バージョン11は、機能性の2つの主要分野を中心とした技術者用コンソールへの主要な機能強化を提供します。

第一にポリシーの事前に定義されたセットに対してすべてのPCがチェックされ、アンチウイルス、Windows Updateまたはインターネット保護のないコンピュータを即座に識別するセキュリティポリシー。

第二に、ポリシー管理ツールは、NetSupportの制限を定義し、学校全体に永続的に適用することができます。

現在、教室管理ソリューションは授業中の使用制御を提供し、これらの制限は先生がPCを切断するとすぐに停止します。NetSupport School 11では、これらの制限は一元的に適用され、1日24時間効力を維持します。授業中、これらは先生の特定の設定で上書きすることができます。


Google Chromebookの生徒をサポート

新世代のGoogle Chromebookは、学校がより多くの生徒の手に技術を適用するように設定されています。
そして、NetSupportは、先生がこの環境で効果的な生徒の支援を提供し続けることに興味があります。

バージョン11には、標準機能として、通常の先生PCでChrome OS ネットブックを監視できるように専用のプラグインのセットが含まれています。NetSupport Chromeクライアントは、Google Play ストアから無料でダウンロードできます。

NetSupport Schoolは、混在するデバイスを同時に管理することができるので、すべての生徒がChromeベースのシステムである必要がありません。すべての生徒が集合し、必要に応じて管理するための独自の「ゲートウェイ」が用意されています。


Windows 8 PCおよびタブレットのサポート

Windows 8タブレットの先生および生徒による使用だけでなく、標準およびタッチ対応のデスクトップコンピューターのWindows 8向けのプレリリースサポートを提供。


ファイル転送/ファイル配布の機能強化

生徒との間でファイルを移動する際に、製品機能にいくつかの強化があります。

ファイル転送は、1対多に転送にUDPを使用し、教室全体で10倍速くファイルを提供します。

NetSupportの1対1のファイル転送、1対多のファイル配布機能と同様に、革新的なすべての生徒にドキュメントを送信し、
先生のワンアクションで回収することができる「教材の配布/回収」ツールは、
先生がどの生徒のファイルが回収可能でどの生徒が再確認が必要か確認できるように送信された
各ドキュメントの状態をリアルタイムのフィードバックを提供します。


リプレイファイル

「録画と再生」機能へのメジャー強化がバージョン11に含まれています。
機能は、先生のために後日再生されるように対象のPCのアクティビティを録画するためのメカニズムを提供します。
これらの録画内容は現在、NetSupport形式ファイルで保存されています。

バージョン11は、リプレイファイルをトリミングしたり、AVIまたはWMVファイルでエクスポートされる前に編集できる
新しいビデオエディタを導入しています。
先生はプリセットオプションを使用することができ、または高度なユーザーは、ビデオの解像度、温室、映像の開始点と終了点などを制御できる
新しいビデオ編集アプリケーションにアクセスすることができます。

機能は、クラスで取り込んだり、今後の作業計画で含めるために事前に準備した録画デモのライブラリを構築するための最適なツールを提供します。


新しい生徒接続モード

接続の新しいモード(ユーザーモード)の導入は、先生が生徒のログオン名に基づいて接続する生徒の一覧を
定義することができます。これを行ったり、接続の他のモードに簡単にアクセスするために、
先生プログラムが最初に読み込まれ、クラスが再起動されたときに、新しいクラスウィザードが表示されます。

クラスウィザードでは、先生が一番条件にあったモードを選ぶことができ、
教室に必要な生徒を識別するように先生を誘導します。
部屋、PC名、生徒のログイン名で接続または単純に生徒を見つけるために
ネットワークを検索することができます。


学習ノート

既にユニークなデジタル学習ノートは授業の記録を支援するためにさらに強化され、教室外での生徒のためのコンテンツの提供を向上させます。
先生と生徒は、既存の学習ノートを選べ、それに後続の授業を追加し続けることができます。
先生は学習ノートにチャプターを追加、ブックマークを作成、授業を欠席した生徒と先生の学習ノートから不足しているコンテンツを同期、
または単にドキュメントをよりプロフェッショナルに作成し学校のロゴを追加することができます。

学習ノートは、授業内のすべての活動の完全な記録を提供し、宿題や復習を支援し、授業を欠席した生徒のための貴重なリソースを提供し、
先生に活動のすべての記録を提供します。


クイック起動/デスクトップコントロール

使いやすさは、NetSupport製品の成功への鍵です。
NetSupport Schoolバージョン11では、非常に多くの新機能の追加により、使用を簡素化し、
先生がすべての主要機能に瞬時にアクセスできるようにユーザーインターフェイスにいくつかの変更があります。

新しいクイック起動機能は、他のモジュールから一緒に機能性をもたらし、先生は、瞬時に選択した、
またはすべての生徒コンピュータでアプリケーション、特定のドキュメント、またはウェブサイトを
リモートで起動できる単一ソースを提供します。

クイック起動に加えて、バージョン11は、生徒PCですべてのアプリケーションを瞬時に最小化する
「デスクトップ表示」と警告と共に生徒PCのすべてのアプリケーションを自動的に閉じる
「デスクトップのクリア」に含めるために通常のPCをロック、画面のブランク機能を強化しています。


生徒ツールバー

バージョン11は、ユニークな生徒ツールバーのさらなる機能強化が確認できます。
生徒のために現在の授業、残り時間、割り当てられた報酬などが視覚的インジケーターを提供します。
生徒の学習ノートは、製品内のすべてのコラボレーション機能が生徒にアクセスできるようになっています。
生徒はプリンタ制限が適用される、インターネットやアプリケーションの制御が実施されると即座に通知され、
授業の目標や期待される成果の詳細に素早くアクセスしたり、または単純に先生の支援を求めることができます。

ヘルプを依頼すると、クラスの他の生徒に依頼を強調する必要を避けるために生徒ツールバーは色を変えます。
ドキュメントにアクセスするために生徒のリソース、メモリスティックや先生が送信したコースワークを完了したか確認するための
ワンクリックアクセスを提供します。
生徒が自分のデジタル学習ノートに個人的なメモや内容を追加したい時に、ツールバーはアクセスポイントでもあります。
授業内容に合わせてツールバーを有効または無効にすることができます。

 

 


ユーザーインターフェイス

バージョン11は、完全に再設計されたインターフェイスになります。
親しみやすいように同じレイアウトを維持していますが、ナビゲーションと機能へのアクセスのすべての側面を再検討し、強化されています。
製品内のすべてのメニューが更新され、その多くが定期的に使用するためにデスクトップ周囲に移動できるようにドック化および非ドック化が可能です。
新しいメニュー形式は、インタラクティブなメニューを提供します。
例えば、メッセージは、別のダイアログを起動する必要がなく「コミュニケーション」メニュー内から直接送信することができます。

バージョン11では、大幅に革新的でユニークな機能を追加しただけでなく、製品をより単純で直感的に使用できるようにしました。

 

 


インターネット制御


アプリケーション制御


グループ


先生開始モード


先生設定オプション


生徒設定オプション


印刷管理

プリンタ管理機能は、注意が必要な一時停止している印刷ジョブを先生に強調表示。


テストモジュール


ヘルプ依頼


アクティブディレクトリ


画面送信




イギリス ドイツ スペイン フランス イタリア ブラジル 日本
http://www.netsupportsoftware.com/
>