製造業のIoT導入事例!作業効率を向上する遠隔操作システムとは?

製造業のIoT導入事例!作業効率を向上する遠隔操作システムとは?

製造ラインがある大規模工場施設内で、システムトラブルやサーバー障害などの異常が発生した場合、スタッフが現場に急行しなければならず、非常に非効率です。

製造現場での人出不足やオペレーション負荷といった課題を解決するのが、IoT技術の導入です。

遠隔地からのPC制御を可能にし、遠隔監視や操作によって作業支援をするツールは、拠点と工場が離れているような製造業において欠かせません。敷地が広い工場にある製造ラインの監視・操作、制御装置のモニタリングや遠隔制御といった生産現場での効率化を実現するリモートコントロールソフトについてご紹介します。


1. 作業担当者がわざわざ現場に行くのは非効率

作業担当者がわざわざ現場に行くのは非効率

工場などでは、事務所が離れた場所にあることが多く、工場の生産ラインに設置したPCを操作するため、何百メートルも離れた現場までわざわざ移動して作業を行うケースが少なくありません。広い敷地の中には、管理すべきPCもたくさんあるので、その作業だけで何時間もかかることもあります。

また、製造現場では工程監視システムや製造実行システム(MES)のような生産管理システムの導入に伴うオペレーションテストやネットワークの構築といった作業もあります。このように新しいソフトウェアやネットワークの設定・管理業務も広い敷地内を行ったり来たりしながら対応しなくてはならず、非常に非効率と言わざるを得ません。


2. IoT導入で実現する製造現場の課題解決

このように製造業では “作業担当者が、現場まで移動して作業しなくてはいけない”というアナログな課題がありました。さらに深刻な人出不足と作業員1人あたりに重くのしかかるオペレーション負荷という問題もあり、近年は工場のIoT導入に関心が集まっています。IoTは、これまで人間がするはずだった業務などを機械が代わって行うことです。IoT導入によって、人件費の削減、生産性向上などのメリットがあります。

広大な敷地内にある設備監視やネットワークの運用管理に役立つのが、遠隔監視システムです。工場において、どのような活用例があるのかを見てみましょう。

【事例】工場内のPLC遠隔監視

    機械を自動的に制御する装置PLC(Programmable Logic Controller)は、生産ラインの自動化・効率化に不可欠なシステムです。工場で稼働する産業用ロボットや製造装置に搭載されています。
    製造現場を中心に普及したPLCを、効率的に運用管理するために遠隔監視ツールを導入した事例を紹介します。

    【課題】
    ある工場では、製造工程で発生した汚水を一時的にタンクに貯め、ポンプで排水していました。PLCを設置した排水ポンプの稼働状況をチェックするため、保守作業員が広い工場内に点在するポンプを定期的に巡回していましたが、保守作業員の業務負荷が課題に。

    【遠隔監視の導入成果】
    遠隔監視システムを導入して工場内のPLCを遠隔で管理することで、作業負荷の削減と排水状況のモニタリングを実現。

    遠隔監視システムは、PLCの稼働状況の遠隔監視はもちろん、点在するPCへの接続による遠隔操作などで、障害状況の把握、製造の進捗状況、データ収集といったリモートでの運用管理・運用保守業務を可能にします。


3. リモートコントロールソフトなら低コストで構築可能

「IoT導入はなんだかコストがかかりそう」と思っていませんか?

導入計画・運用設計を必要とするソリューションサービスでは、コストに見合わず導入を見送る企業も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、リモートコントロールソフトです。ライセンス購入なので、保守管理を必要とするPCの台数ごとで運用設計できるため、年間のランニングコストもお得です。

できるだけコストをかけたくないという理由から無料版のソフトを使う方もいますが、実用的ではありません。無料版ソフトは機能制限が多く、重要なデータを扱う場合は高い水準のセキュリティー対策がある有料のソフトウェアを導入することをおすすめします。


4. 遠隔地のPC制御を可能にするNetSupport Manager

ワイドテックのリモートコントロールソフト「NetSupportManager(ネットサポートマネージャー)」なら、指定端末以外のPCからのアクセスを制限するので、セキュリティー上の問題もクリアします。また利用者権限設定により、ユーザーごとにアクセス権限を設けることが可能です。使用できる機能を分けて、機密性の高い資料などには限られた人しかアクセスできないようになっています。

遠隔操作はマルチモニターで複数のPC画面の中から監視する必要のある画面だけを選択して、遠隔表示できます。遠隔操作による監視では、すべてのPC画面を監視する場合もありますが、特定のPC画面だけを監視するケースも多いので、任意に選択できます。

◎NetSupport Managerの主な機能

NetSupport Managerは、1対1の遠隔操作だけでなく、多対多の接続も可能です。
NetSupport GateWayが標準搭載されているので、他社製サーバーを経由せずに遠隔操作ができるため、セキュリティー上の不安もありません。

縮小画面のサイズは自由に調整可能で、特定のPC画面だけを拡大することもできます。
画面にはOSの種類、ネットワークアドレス、現在のログオンユーザーが表示されるので、トラブルがあればすぐに使用者を特定することが可能です。

もちろんアクセスログの記録や監視中画面の録画もできるので、内部不正を未然に防ぐ効果もあります。プロフェッショナルユースに特化したワイドテックのNetSupport Managerは、30年間にわたって開発されたもので、ユーザー承認機能、256ビット暗号化、スマートカードのサポート、AD統合などによって、安全性の高いリモートコントロールシステムを提供しています。また、国内のサポート体制が完備されており、納品実績も豊富ですから安心して導入できます。

◎遠隔監視が必要なPC台数ごとにライセンス購入

NetSupport Managerは最低2ライセンスから導入できます。必要なライセンス数量は接続する台数分なので、1000単位のライセンス購入が条件の遠隔監視システム導入を諦めていた中小企業様も安心してお使いいただけます。

◎遠く離れた工場内にあるPCを遠隔操作できる

NetSupport Managerを利用すると、遠く離れた事務所から工場内のPC画像を見ながら保守管理ができます。広い敷地内に拠点が点在する場合でも問題ありません。

遠隔地の現場で起こるPCトラブルの中には深刻な障害もありますが、意外に単純なトラブルも少なくありません。簡単に修復できるトラブルのために、わざわざ作業員が現場まで出向くのは、非効率です。このような場合は、遠隔操作で現場のPCを監視すれば、かなりの省力化が可能です。


5. まとめ

リモートコントロールソフトのNetSupport Managerを使えば、遠隔地からPCの管理や制御も可能です。

「わざわざ現場まで行かなくてもシステムを監理したい」
「異常発生時に、すぐに現場にあるネットワーク状況を知りたい」
「現場対応に必要なコストを削減したい」
「遠隔監視でのPC作業の記録を映像で残したい」
「監視中のPC画面を録画したい」

ワイドテックの「NetSupportManager」なら、このようなニーズに応えることができます。

遠隔操作システムは、広い工場内や遠隔地に点在するPCを一括管理するのに便利です。リモートコントロールソフトのNetSupport Managerを使えば、遠隔地からPCの管理や制御も可能です。

「NetSupport Manager」は30日間の無料体験版がありますので、まずはお試しください。
※体験版は最大10接続まで制限有り