アーカイブ

NetSupport Schoolを使って、テストを作成することは可能ですか?

NetSupport Schoolを使って、テストを作成することは可能ですか?

カスタムインストールまたは、追加インストールで、テストデザイナーをインストールすることで可能です。
テストデザイナーは、テストで使用する問題を作成、問題を組み合わせたテストを作成することができます。

作成できる問題は以下の8パターンです。
・選択
・穴埋め
・画像の挿入
・コンボリスト
・図と名称
・〇×選択
・複数の〇×選択
・並べ替え

画面接続時、コントロール側のキーボードで半角/全角入力を切り替えたい

画面接続時、コントロール側のキーボードで半角/全角入力を切り替えたい

[環境設定]の[キーボード/マウス]にある、[インターナショナルキーボード]のチェックを外します。
キーボードの種類を選択できるようになります。
クライアントとコントロールが同じキーボードの配列を使用している場合は、[Unmapped Keyboard] を選択します。
画像付き手順書はこちら(PDF)をご覧ください。

画面接続時、クライアントPCのデータをコントロールPCに移動させないことは出来ますか?

画面接続時、クライアントPCのデータをコントロールPCに移動させないことは出来ますか?

出来ます。クライアント設定[アクセス制御]-[ファイル転送の禁止]にチェックを入れることで、コントロールからクライアント、クライアントからコントロールのファイル転送を禁止します。
アクセス制御ではその他、クリップボードアクセスや、クライアントシャットダウン等を禁止することができます。

リモートデスクトップがインストールされた状態でも使用は可能ですか?

リモートデスクトップがインストールされた状態でも使用は可能ですか?

可能です。但し、Windows上のセッションにおいて、リモートデスクトップとNetSupportは同一のコンソールセッションを使用します。そのため、リモートデスクトップでリモート接続されている(ユーザーセッションがサインアウトされていない)状況において、更にNetSupportからリモート接続を行いますと、セッションの取り合いが発生します。
その場合、しばらく時間が経ちますとNetSupport側のサインインが進み、リモート接続が可能になる場合、(リモートデスクトップ側のリモート接続は強制的に解除されます)、NetSupport側がサインインが進まず、リモート接続が行えない場合の2ケースが発生いたします。
NetSupport側でリモート接続が行えなかった場合に、リモートデスクトップ側のリモート接続におきまして、ユーザーサインアウト(ログイン画面を表示)をいただき、当状態からNetSupportでのリモート接続をお願いいたします。

インターネット経由で、外出先から自宅などの端末に接続できますか?

インターネット経由で、外出先から自宅などの端末に接続できますか?

グローバルIPアドレスをご用意いただくことで可能です。
また、ファイアウォールがあれば、ファイアウォール側のポートが解放されていること、 ルータ経由の場合は、ポートフォワーディングの設定が為されていることなど、 端末同士が通信し合うためのネットワーク環境に関する各種設定が必要です。

複数のコントロールPCで、1台のクライアントPCに同時接続できますか?

複数のコントロールPCで、1台のクライアントPCに同時接続できますか?

可能です。NetSupport Managerでは、クライアント設定にて[接続]→[複数のコントロールからの接続を許可する]を有効にする必要があります。
NetSupport Schoolでの設定方法についてはこちら(PDF)をご覧ください。

リモート先の画面の録画は出来ますか?

リモート先の画面の録画は出来ますか?

可能です。NetSupport Manager は、コントロール側、クライアント側両方で録画出来ます。
NetSupport School は、先生側で録画が出来ます。
使用状況にもよりますが、1MB/分くらいの容量になります。

リモートで電源のON/OFF、再起動は行えますか?

リモートで電源のON/OFF、再起動は行えますか?

可能です。ただし、そのコンピュータのネットワークアダプターがWake-on-LAN(WOL)機能を搭載していて、BIOSもWake-on-LAN機能に対応し、この項目が有効になっている必要があります。
また、NetSupportの既知のクライアントである必要もあります。
コントロールはWake-on-LANパケットをクライアントのネットワークアダプターに送信して、電源オンの命令を出します。